家づくりってどうしたらいい?注文住宅に任せよう!

念願のマイホーム、どんな家にしたらいい?

人生で最大の買い物は家ではないでしょうか。念願のマイホーム、建てるからには理想に近い家を建てたいですよね。注文住宅で夢をかなえましょう。
先ず、大切なのはどんな家にするかという構想です。どういう暮らし方をするのか、どんな部屋が必要なのか、何人で住むのか、家族のライフスタイルに合わせて部屋数や広さを考えていきましょう。主婦にとってはインテリアは重要な要素ですよね。機能的で且つおしゃれなデザインのキッチンも、注文住宅なら実現出来るでしょう。希望の面積と予算が決まったら、土地を購入します。あとで家のほうの予算が足りなくなった、ということにならないように、あらかじめ土地予算をしっかり決めておくことが重要です。

家づくり、どこに任せる?

土地を購入したら、次は依頼先を決めます。ハウスメーカーか、工務店か、設計事務所か。どういう家を建てるのかによって、向いている依頼先が変わってきます。
ハウスメーカーのメリットは、ローンが組みやすく、規格化されているため欠陥住宅になりにくいという点です。デメリットは設計やデザインの自由度が低く、個性的な家を建てるのには向いていないということでしょうか。工務店は個々の差が大きく、ピンからキリまでありますので、信用出来るところを探しましょう。設計事務所の場合は、施工自体は工務店が行います。デメリットはコストが高く、ローンが組みにくいことですが、狭い土地や変わったデザインの建物にも対応しやすいのがメリットです。建てたい家と土地に合わせて、依頼先を選びましょう。

建築デザインは、組織のイメージ作りに大きな役割を果たします。たとえば謹厳なイメージがある警察署をデザインする場合、壁を高くし床はコンクリートにするといった具合です。