マイホームを建てるならやっぱり注文住宅!

キッチンが自分だけの城になる

マイホームを建てる時に、女性なら誰でもこだわりたいのがキッチンスペースです。建売や中古住宅の場合、キッチンが自分の好みとは大きく異なっているということはよくあります。あらかじめ決められた空間だと、冷蔵庫や食器棚などの大型家電や家具の配置が自動的に決まってしまう場合も少なくありません。
毎日楽しく料理をするためには、やはり注文住宅で自分だけのお気に入りのキッチンスペースを設けるのが多くの女性の憧れです。動線や手勝手などをしっかりと考えて作られたキッチンでは、無駄な動きをすることもなくなるため、作業の効率もアップします。
また、通常のキッチンでは意外と少ない作業スペースも、注文住宅なら広々と設けることが可能です。

開かれた空間を作りたいなら、やっぱり注文住宅

最近の住宅では、「子ども部屋」を設ける人がだんだんと少なくなってきました。子ども部屋で行う学習では、あまり成績が伸びないことなども、子ども部屋が減少傾向にある理由の一つです。
ここ数年人気があるのは、リビングを大きな空間として設けることです。リビングに大きめのダイニングテーブルを置き、子どもはそこで毎日の学習をするということがトレンドになりつつあります。また、リビングで学習をすることにより、自然と親子の会話も増えるので、子どもの変化に気付きやすいということも大きなメリットとなっています。
住居にこういった開かれた空間を求めるなら、やはり注文住宅に限ります。家族構成などによりその仕様は様々ですので、個々の家族のライフスタイルに合った空間を作っていくことが大切です。

梁と柱を接合して一体化させる方法をラーメン構造といいますが、その方法を木造建築に取り入れたのがSE工法で耐震性に優れています。